カンボジア・シェムリアップ在住管理栄養士のブログ

フライパンで作る!本格ローストビーフの簡単レシピ

カンボジアで主に食べられているお肉は日本と同様で、鶏肉・豚肉・牛肉の3種類です。

牛肉はちょっぴり高価なので、庶民派の我が家の食卓では鶏肉や豚肉を使うことが圧倒的に多いのですが、スーパーで美味しそうな牛もも肉を発見したので、大奮発してひさびさにローストビーフを作ってみました。

ローストビーフ

ローストビーフは難しそうなイメージがありますが、実はコツさえ覚えてしまえば自宅でも簡単に作ることができます。

いつもの食卓が一気に華やかになりますので、ご褒美ディナーやおもてなし料理にぜひ作ってみてくださいね!

ローストビーフの作り方

フライパンで作る簡単ローストビーフの作り方をご紹介します。

材料

  • 牛もも肉(塊) 400g
  • 岩塩 小さじ2/3(お肉の重量の約1%)
  • 黒胡椒 たっぷりと
  • オリーブオイル 大さじ1/2
  • にんにく 1〜2片
大五郎

お肉と相性のいい胡椒はパンチの効いた黒胡椒ですね!
意外と知られていませんが、カンボジア南部のカンポットは世界有数の胡椒の名産地なんですよ。

作り方

  1. 牛肉を室温に戻す(30分)
  2. ①に塩胡椒をしっかりすり込む
  3. フライパンにオリーブオイルとつぶしたにんにくを入れて弱火で熱する
  4. にんにくを取り除いて、中〜強火でじっくりとお肉の全面に焼き色をつける
  5. 肉の中心が温まったら、アルミホイルに包んで保温する
  6. 粗熱が取れたら、お好みの薄さにスライスする
大五郎
まず最も重要なポイントは、お肉を室温に戻しておくこと!

お肉が冷たいと生焼けの原因になりますので、焼く30分くらい前に冷蔵庫から出しておきましょう。

牛もも肉

次にお塩を正確に量ってしっかりもみ込みます。

お肉の重量の約1%のお塩が、肉のうまみを一番感じることのできる絶妙な塩加減です。

わたしはお料理の味を引き立てるミネラル豊富な岩塩をいつも使っています。

そして、お肉を焼くときのポイントは中〜強火で全面をじっくりと焼くことです。

ローストビーフ 焼く

くり返しになりますが、片面1〜2分くらいを目安にじっくりと焼きましょう。

大五郎
両サイドも忘れずに!

ローストビーフ じっくり焼く

なるべく一定の温度で焼きたかったので、今回は保温力の高いスキレットを使いました。

全面に焼き色がついたら、金串などで肉の中心温度を確認します。

金串の先が熱くなっていれば火が通っていますので、アルミホイルで保温しましょう。

取り除いたニンニクも一緒に包んでおくと、香ばしいニンニクの香りがお肉にうつって美味しいですよ。

ローストビーフ ニンニク

肉汁が落ち着くまで、このまま放置です!

ローストビーフ アルミホイル

粗熱が取れたらよく切れる包丁で切りましょう。

お肉料理と相性のいいクレソンやルッコラを添えるとおしゃれに仕上がるだけでなく、たんぱく質の消化を助けてくれるので胃もたれしにくいですよ。

ローストビーフ 盛り付け

まとめ

上記のレシピで作ったローストビーフは、お塩がしっかりと効いているのでこのまま食べても美味しいですが、一手間加えた手作りのソースを添えるのもいいですね。

バルサミコ酢を煮詰めた甘めのソースや赤ワインで作る洋風ソース、タマネギをじっくり煮詰めた和風ソースやわさび醤油ベースの大人のソースなどなどお好みのソースでお楽しみください。

(ソースの作り方は後日追記します!)

ローストビーフ 猫に狙われる

おまけ:撮影の舞台裏

ローストビーフ
最新情報をチェックしよう!
>お店やってます

お店やってます

世界遺産アンコールワットの街カンボジア・シェムリアップで日本の家庭料理が楽しめる週末限定の呑み食い処OHANAを経営しています。 ココロもカラダもホッとするお料理をご用意しておりますので、シェムリアップへお立ち寄りの際は、お腹を空かせてぜひ遊びに来てください!

CTR IMG